真空成形・圧空成形.com シート成形技術 FAQ

材質について

加工時に材料温度を上げ下げした場合、物性値に変化はあるか?

 

材料温度を昇温し、常温に戻した時の物性は、材質・温度・昇温降温速度によっても異なると思われますが、変化する場合があります。

・材料によっては変色などの外観変化が生じます。

・PPやPEなどの結晶性の樹脂は、冷却速度によって結晶化度が異なり部分的に急冷した場合などにはねじれが発生します。

・非晶性の樹脂でも、平板の状態でフリーで加熱を行うと、シートにする際に生じたひずみが緩和され、物性値が上がる場合があります。

・真空成形を行う場合は、成形温度が低い場合などには、成形品内部にひずみが残り、薬品に対して敏感になる場合などもあります。また樹脂によっては延伸の効果により、引張強さなどが上がる可能性もあります。

 

タグ:

  • 成形【精度について】
  • 成形【型について】
  • 成形【仕上げ加工について】
  • 成形【樹脂への置き換えについて】
  • 成形【試作について】
  • 成形【コストダウンについて】
  • 成形【設計時のポイントについて】
  • 成形【外観品質について】
  • 真空成形・圧空成形について
  • 熱プレス成形について
  • フリーブロー成形について
  • ツインコンポジット成形について
  • 曲げ加工について
  • 材料着色・表面加飾成形・印刷・塗装について
  • その他樹脂板加工について
  • アセンブリ・組立てについて
  • 材質について
  • その他【工場見学について】
  • その他【設備一覧について】
  • 成型看板サイン 製作
  • その他
よくあるご質問を投稿
お問い合わせはお気軽に!真空成形・圧空成形.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。各種真空成形(真空成型)・圧空成形(圧空成型)等のことなら「真空成形・圧空成形.com」にお任せ下さい!