大物(2000×5000mm), 厚物(~20mm), 加飾のシート成形(真空成形・圧空成形・熱プレス)のスペシャリスト

真空成形・圧空成形.com シート成形技術 FAQ

材料特性【その他】

シート成形品の粘弾性特性(クリープ)はどのようになりますか?

 

プラスチックの粘弾性特性(クリープ)とは、プラスチックに荷重を継続的に作用させると、徐々に変形が進んでいく現象のことをクリープ(creep)といいます。

クリープは樹脂の粘弾性特性に起因して発生します。弾性特性とは、粘性と弾性の2つを合わせ持っている性質のことです。

クリープによって引き起こされる不具合は、変形や緩み、更には破損に繋がります。

シート成形品に関しては、

  • 材質
  • 厚み
  • サイズ

によっては異なってきます。

また、使用環境(温度等)によっても変化してきます。

 

軽量化などを目的に、金属から樹脂への置き換えは進んでいきます。金属では問題にならなかったクリープは、樹脂製品(シート成形品等)を設計する上で、無視することはできない特性です。

 

材質【複合材】

材質【その他】

  • 成形【精度について】
  • 成形【型について】
  • 成形【仕上げ加工について】
  • 成形【樹脂への置き換えについて】
  • 成形【試作について】
  • 成形【コストダウンについて】
  • 成形【設計時のポイントについて】
  • 成形【外観品質について】
  • 真空成形・圧空成形について
  • 熱プレス成形について
  • フリーブロー成形について
  • 曲げ加工について
  • 材料着色・表面加飾成形・印刷・塗装について
  • その他樹脂板加工について
  • アセンブリ・組立てについて
  • 材質について
  • その他【工場見学について】
  • その他【設備一覧について】
  • 成型看板サイン 製作
  • その他
よくあるご質問を投稿
シート成形技術FAQ よくある質問
成形実績紹介
お問い合わせはお気軽に!真空成形・圧空成形.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。各種真空成形(真空成型)・圧空成形(圧空成型)等のことなら「真空成形・圧空成形.com」にお任せ下さい!